自動車を運ぼう

車

自動車陸送サービスを利用するさいのポイント

自動車を運ぶ方法としては、自走可能であれば運転して運ぶのが一般的ですが、そのほかにもトラックやトレーラーなどに載せて陸送してくれるサービスがあります。この自動車の陸送サービスを利用する人としては、遠方に引っ越すさいに複数の自動車を所有している場合であったり、旅行先で自動車が故障した場合などのほか、自動車の走行距離を伸ばしたくないといった人が対象になります。また自走させて運ぶよりも陸送であれば、事故に遭遇するリスクも少なくなり、長距離を、ただ自動車を運ぶためだけであれば、陸送の方が安く上がる場合があります。 陸送の種類としては、2種類あり1つは営業拠点に持ち込み、そこから各都市にある営業拠点で引き取るというもので、もっとも安上がりに車を輸送することができます。もうひとつは引取に来てくれ、指定された場所に陸送してくれるサービスですが、費用は営業拠点間の陸送にくらべて費用が割高になります。

工夫するポイントとは

自動車の陸送を利用するさいに工夫するポイントしては、第一に持ち込む前の車の状態を確かめておくことです。トレーラーやトラックに積み込まれて運ばれるものですが、積み込み積み下ろしのさいに傷が付く場合もありますし、走行中に何らかの物体が飛んでくる場合もあります。特に個人売買などで相手に送るさいに利用する場合には無用なトラブルを避けるためにも事前に写真を撮るなどしておくと良いでしょう。 また当然のことながら車内には貴重品などの荷物は載せない方が無難です。これは陸送中の保証が自動車のみであり、中に載っている荷物は保証対象外になります。また積み込みや積み下ろしのさいにはドライバーが乗り込んで行うため、運転席周りは片付けておき、後方確認が出来るようにしておくのが良いでしょう。

Copyright© 2017 チラシ印刷を格安で頼める【専門業者がすぐに対応】 All Rights Reserved.